桂浜へのアクセス情報|桂浜はきれいで駐車場料金はなんと無料だった!

桂浜へのアクセス情報

桂浜 アクセス

松山空港に到着

ここの名物はタルトとじゃこ天らしい。

空港構内で早速じゃこ天やイカ天を購入してみました。

ボリュームがあって、なかなか食べ応えがありました。

予想外にお腹がいっぱいになり、結局昼食をカット。

夕飯までイカ天で済ませてダイエットです。

高速に乗り、一路高知へ。

高知は2度目なので懐かしい風景を見ながら四国山地へ入りました。。

やはり、山また山の高速道路を突っ切り、トンネルをいくつ超えたかわかりません。

スポンサードリンク

桂浜へのアクセス情報

高知駅からバスで40分です。

〒781-0262 高知県高知市浦戸桂浜

高知駅バスターミナル(バス)

桂浜線:バスターミナル~塩谷~桂浜 桂浜行に乗り、桂浜(バス)で降りる。

桂浜 アクセス

桂浜は高知市浦戸半島の先端に位置し、竜王岬と竜頭岬の間に広がる砂浜です。

高知県を代表する景勝地で「月の名所は桂浜」と、よさこい節で唄われています。

私が行ったときは、桂浜公園内にある龍馬像横に、高さ約13mの特設展望台が、期間限定で設置されていました。

展望台から龍馬の横顔を眺めたり、龍馬と並んで太平洋を望むことができます。

桂浜の駐車場料金は無料

桂浜 アクセス

桂浜 アクセス

桂浜 アクセス

桂浜 アクセス

桂浜の近くの駐車場は広くて、桂浜から歩いて数分なので使いやすいです。

私たちが行ったのは平日なので駐車場はかなり余裕がありました。

駐車場は無料なのでありがたいです。

今どき、どこへ行っても駐車料金はとられますからね。

駐車場からお土産屋さんを通り過ぎると桂浜へ出ます。

昔一度来たことがありましたが、やはりきれいな浜です。

少し波が高い日で、その水のきれいなこと。

打ち寄せる大波に感動しました。

桂浜と坂本龍馬

桂浜 アクセス

早速桂浜へ行きました。

途中、以前にはなかった大きな橋ができていて、桂浜へすんなり到着です。

桂浜は景観がうつくしいところです。

水もきれいだし、いいところですね。

波が荒いので、遊泳禁止になっていました。

昔脱藩した龍馬がこっそり海からこの浜に上がり、身内に会ったらしいです。

土佐藩に見つかると切腹ものですからね。

桂浜 アクセス

ここに龍馬が来たんだなって、感無量ですね。

坂本龍馬の銅像は大きいですよ。

銅像の横に櫓みたいな足場が組んであって、下から見上げるばかりの坂本龍馬の横顔がまじかで見られました。

ただし、櫓に上るのに100円徴収されました。

この櫓は期間限定だそうです。

坂本龍馬の横顔を見られるのは今のうちだけです。

桂浜 アクセス

桂浜 アクセス

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んで、すっかり坂本龍馬ファンになりました。

三菱の創始者である「岩崎弥太郎」は実は龍馬の遠い親戚です。

力関係は、微妙に龍馬が上ですね。

竜馬が暗殺されて、桂浜に銅像を作る話が出た時に、高知県の青年たちが立ち上がって、寄付金を集めて作ったそうですが、岩崎弥太郎はすでに成功しており、「2,000円」の寄付金を申し入れて、断られています。

2,000円は、当時の価値ですごい金額でしたが、みんなで寄付をして作るという主旨があったようです。

桂浜 アクセス

高知県出身の彫刻家本山白雲の作で、昭和3年に建てられたそうです。

袴にブーツをはき、懐手で太平洋を眺める姿は雄大です。

高さは5.3m、台座を含めると13.5mになります。

大きくて、下から見上げると顔はよく見えません。

坂本龍馬という人は皆に愛されていたようです。

大政奉還の影の立役者でしょう。

学校の歴史の教科書に勝海舟や後藤象二郎は出てきましたが、坂本龍馬は記憶にありません。

「竜馬がゆく」を読むまで、坂本龍馬が成し遂げたことがどれほどの事だったか、知りませんでした。

これを学生の頃に読んでいたら、すっかり社会科が好きになっていたかもしれません。

歴史がものすごく、苦手だったのです

「龍馬の生まれた町記念館」というのができていて、見学してきました。

最新鋭の技術で、いろいろな工夫が凝らしてありました。

「竜馬がゆく」を読んでいたから、すんなり理解できることがたくさんありました。

先日、テレビで「龍馬の生まれた町記念館」が紹介されていて、ココ見た!と旦那さんと二人で盛り上がりました。

坂本龍馬は「才谷梅太郎」という名前も持っていましたが、才谷家の模型とか、館内には面白いものがたくさんありましたよ。

桂浜へのアクセス まとめ

桂浜 アクセス

高知駅から桂浜へは、バスで40分です。

駐車場は広いし、桂浜から近くて便利です。

桂浜のきれいなこと!

予想以上でした。

水族館もできていて、子供連れでも楽しめる観光地に変身していました。

楽天はこちら

じゃらんはこちら

スポンサードリンク